結婚式をやってよかったと改めて思うポイント

結婚式には多額の費用がかかるため、挙げない人が増えてきました。準備にも時間を取られますし、仕事があるとなかなかスケジュール通りに進められません。とはいえ、結婚式のデメリットばかりを気にするのは良くありません。挙式して良かったと感じている人も多くいるからです。そう感じる具体的なポイントとして、以下のようなものがあります。親の喜ぶ顔が見られることは代表的なポイントです。子どもの幸せを願わない親はいません。親の世代のなかには、結婚を人生で最も幸せなイベントであると考えている人もいます。そこまで大袈裟でなくとも、子どもが結婚することに対して安堵感を覚える親はたくさんいるでしょう。つまり結婚式を挙げることは、とても大切な親孝行に他なりません。もちろん挙式をしなくても結婚は可能です。しかしセレモニーとして、結婚式を挙げたほうが感激してもらえます。

他のポイントとしては、夫婦の絆が深まることが挙げられます。前述のとおり、結婚式は2人にとって決して楽なものではありません。幸せなイベントであるのは間違いないですが、それに比例して苦労も大きくなるのが一般的です。たとえば演出を考えたり、上司にスピーチのお願いをしたりする必要があります。結婚式場のスタッフも手伝ってくれますが、やはり主役の2人の努力が欠かせません。困難を乗り越えたときに、友情や愛情が深まった経験のある人は多いでしょう。

挙式の準備は結婚の過程そのものであるだけに、乗り越えたときに得られる絆は非常に強いです。実は円滑な新婚生活をスタートすることに大きく関係しているのです。それを実感している人たちは結婚式を挙げて良かったと考えています。また、一家を支えていく決意ができたという人も見受けられます。結婚式を開いてまでお披露目したのでから、そう簡単に離婚するわけにはいきません。しっかりと役目を果たして、幸せな家庭を築いていこうと考えるようになるのです。