結婚式をやってよかったと改めて思うポイント

結婚式には多額の費用がかかるため、挙げない人が増えてきました。準備にも時間を取られますし、仕事があるとなかなかスケジュール通りに進められません。とはいえ、結婚式のデメリットばかりを気にするのは良くありません。挙式して良かったと感じている人も多くいるからです。そう感じる具体的なポイントとして、以下のようなものがあります。親の喜ぶ顔が見られることは代表的なポイントです。子どもの幸せを願わない親はいません。親の世代のなかには、結婚を人生で最も幸せなイベントであると考えている人もいます。そこまで大袈裟でなくとも、子どもが結婚することに対して安堵感を覚える親はたくさんいるでしょう。つまり結婚式を挙げることは、とても大切な親孝行に他なりません。もちろん挙式をしなくても結婚は可能です。しかしセレモニーとして、結婚式を挙げたほうが感激してもらえます。

他のポイントとしては、夫婦の絆が深まることが挙げられます。前述のとおり、結婚式は2人にとって決して楽なものではありません。幸せなイベントであるのは間違いないですが、それに比例して苦労も大きくなるのが一般的です。たとえば演出を考えたり、上司にスピーチのお願いをしたりする必要があります。結婚式場のスタッフも手伝ってくれますが、やはり主役の2人の努力が欠かせません。困難を乗り越えたときに、友情や愛情が深まった経験のある人は多いでしょう。

挙式の準備は結婚の過程そのものであるだけに、乗り越えたときに得られる絆は非常に強いです。実は円滑な新婚生活をスタートすることに大きく関係しているのです。それを実感している人たちは結婚式を挙げて良かったと考えています。また、一家を支えていく決意ができたという人も見受けられます。結婚式を開いてまでお披露目したのでから、そう簡単に離婚するわけにはいきません。しっかりと役目を果たして、幸せな家庭を築いていこうと考えるようになるのです。

笑いが取れた結婚式でやった余興

友だちからヒントをもらってアレンジしたお守り袋の進呈という結婚式での余興がとても評判が良く、その後冗談半分ですが、著作権を使わせて欲しいという申し込みが多いものを、おすすめします。「これから先は長い人生で、順風満帆が一番であるが、山あり谷ありということも覚悟しておかなければならない、二人で力を合わせて乗り切るのが大事なのだか、多くの先人たちが大事にしてきたのは、日々の生活のリズムというか、生活の知恵であり、縁起を担ぎながら乗り切っていくとものがある」ということでお守りを進呈する余興です。
お守り札は色々あるので、用意するのは結婚式を挙げる新郎新婦の状況に相応しいもので、晩婚のカップルであれば安産のお守りという具合にします。商売がらみであればもちろん商売繁盛ということになります。

それだけでは大した反応もなく終わってしまうので、話で盛り上げます。例えば「結婚式場に0909という電場番号が届いたのですが、支配人は『(れいきゅうれいきゅう)は葬儀場ではあるまいに縁起が悪い』と怒りました。しかし、知恵者がいて『それは(まるくまるく)と読むんですよ』と解説し一件落着したのです。このように見方を変えると、人間万事塞翁が馬というか、禍福はあざなえる縄ということがあります」と言って、「なるほど」をいただくことにします。
一番適しているお守りは海の近くの神社のものであり、「これから航海に出ていくお二人は波風が立つことがあるでしょうが、その時はすぐに収まるようにということで、海上安全のお守りを用意しました」と話せば、会場は拍手が聞こえるはずです。

そこで天気予報に切り替えます。「お二人が新婚旅行に出かけハワイは当面良いお天気に恵まれるようですが、一つだけ気になる予報が出ているので、その期間にハワイへお出かけの予定のある方は十分にお気をつけ願います。時折大きな、激しい地震が起こるとのことなのです」と結びます。

カップルのご健闘を期待してあるいは祈念して、会場からは大きな笑いが取れる余興になります。